iPhone・iPadのカメラロール写真のファイル名変更方法

iOS

iPhoneやiPadでは画像は基本「写真」アプリを使います。写真を管理するのにファイル名を変更したいと時があるかと思いますが、写真アプリではファイル名が表示・変更ができない仕様になっています。

今回は、もし写真管理でファイル名を変更(リネーム)したい場合、どのようにしたらいいかを紹介します。

スポンサーリンク

数枚 → ファイルアプリで個別にファイル名変更

‎ファイル
‎ファイル
Developer: Apple
Price: Free

もし数枚の画像の名前を変更したい場合は、「ファイル」アプリで変更するのがオススメ。

繰り返しになってしまいますが、写真アプリではファイル名が表示されないので変更ができない仕様になっています。「ファイル」では、写真をファイルとして扱えるのでファイル名が表示・変更が可能になります。

試しにファイルアプリでファイル名を変更してみます。

変更したい画像を写真アプリで開き、共有メニューから「”ファイル”に保存」を選択

デモではiCloud Driveへ保存

ファイル内のお好みのフォルダを選択します。オススメは他のApple製品と同期できるiCloud Drive。

画像を長タップでメニュー表示
表示されたメニューから名称変更を選択

ファイルアプリを開き、先ほど保存した場所まで移動。画像を長押しすると上記のメニューが表示されるので、「名称変更」を選択。お好みのファイル名に変更すれば完了です。

十数枚〜 → ショートカットアプリで一括リネーム

ショートカットアプリで一括ファイル名変更
‎ショートカット
‎ショートカット
Developer: Apple
Price: Free

ファイルアプリでファイル名変更する方法でしたが、2〜3枚ならまだしも、十数枚など多くなってくるとこの手順では正直手間ですよね。

Appleの純正アプリ「ショートカット」アプリを使えば、簡単に十数枚、数百枚もの画像のファイル名を一括で変更することができます。

ショートカットを説明すると、例えば「最新の写真10枚をZIP圧縮してメールで送信する」や、「ミュージックアプリで好きなプレイリストを30分間再生する」など、様々なアクションを組み合わせ自動化するアプリです。

このショートカットで画像を一括でファイル名を変更する方法を紹介します。

設定から信頼されていないショートカットを許可をオンに

まずはApp Storeからショートカットアプリをダウンロード。その後、設定のショートカット内から「信頼されていないショートカットを許可」をオンにし、以下のリンクからショートカットレシピをインストールします。

写真リネーム – ショートカット

このショートカットを使うと上記のようにファイル名が変更されます。ファイル名はショートカット実行時に任意の名前を入力し、画像の数だけ連番が追加されます。

さて実際に使ってみましょう。写真アプリよりファイル名を変更したい写真を選択、共有メニューから「写真リネーム」を選択。

ショートカットが実行されます。ファイル名を入力、今回は「リネームテスト」にします。

新規、追加が聞かれるので、新規を選択。もし一度実行し、追加したい場合は追加にし、最終番号を入力します。

ショートカットが完了すると、ファイルのiCloud Drive内の「Shortcuts」にファイル名のフォルダが作成され、ファイル名が変更された画像があります。

写真リネーム – ショートカット

Documentsは、ファイルより高機能なファイル管理アプリ

iPhone・iPadがリリース当初に比べ、標準のアプリだけでもファイル管理ができるようになってきました。

けど僕が使っている限り、まだファイルアプリは不具合が多く、動作が安定しないのが結構ストレスです。

個人的にiPhoneやiPadでファイル管理するなら、Documentsというアプリがオススメ。ファイルアプリよりも高機能でファイル管理もしやすいです。

スポンサーリンク

同じタグの記事を読んでみる

RELATED POSTS