2017/12/7

iPhoneやiPadでPDFからJPEGに変換する方法 【ショートカット】

iPhone

iPhoneやiPadを使っていて「PDFファイルからJPEGファイルに変換」したい場面が多々ありますが、皆さんはいかがですか?

Apple純正の「ショートカット」アプリを使ってiPhone、iPadからPDFをJPEG画像への変換を簡単に行える方法を紹介します。

スポンサーリンク

ショートカット(元Workflow)の使い方を簡単に説明

‎ショートカット
‎ショートカット
Developer: Apple
Price: Free

ショートカットはさまざまなアクションを組み合わせて自動化処理を作るアプリです。
例えば選択した写真をつなぎ合わせてGIF動画を作ったりブラウザで見ているページをPDF化したりと組み合わせ次第で色々な処理を簡単に行う事ができます。

今回紹介する「PDFからJPEGに変換」もこのショートカットを使って実現します。

デモでは見やすいためiPadでのスクリーンショットを使用します。

PDFをJPEG化するショートカット

実際にPDFからJPEGに変換する様子

上記のGIF動画はショートカットを使ってPDFからJPEGに変換している様子です。思いの外簡単に変換できるのだなと思いませんか?

ショートカットレシピを追加する

まずはじめにショートカットアプリをインストールし、設定のショートカット内の「信頼されていないショートカットを許可」をオンします。これを設定しないと僕が作ったショートカットを追加できないのでご注意を。

下記リンクをSafariで開き、ショートカットを入手をタップ

その後下記のリンクをiPhoneあるいはiPadのSafariで開き、ショートカットレシピを追加します。

PDFをJPEGに変換するショートカット

PDFからJPEG化ショートカットの手順

Documentsアプリ内にあるPDFをJPEGへ

普段愛用しているファイル管理アプリの「Documents」にあるPDFからJPEGに変換していきます。

JPEG化したいPDFファイルを共有メニューを開きます。

追加ショートカットを選択

共有メニュー内から先程追加した「PDFを画像に変換」ショートカットを選択します。

変換中の様子 – PDFのページ数が多いほど時間がかかります

上記のようなウィンドウが開き、PDFをJPEGに変換処理がされていきます。このときPDFのページ数が多いほど時間がかかりますので、しばらくお待ち下さい。

変換が終わり、再び共有メニューが開きます。ここでは画像の保存(写真アプリ)など任意のアプリに受け渡してください。

ここではYoinkというシェルフアプリに共有してみます。

Yoinkへデータが受け渡されました。上記のようにPDFファイルがJPEGへと変換されました。ここまでの動作でショートカットは完了です。

まとめ

いかがでしたか?
このようにiPhone、iPadで簡単にPDFからJPEGへの変換が出来ます。
JPEG以外にもPNGやGIFなどの画像にも変換できるので、ぜひ試してみてください!

‎ショートカット
‎ショートカット
Developer: Apple
Price: Free

PDFをJPEGに変換するショートカット

スポンサーリンク

同じタグの記事を読んでみる

RELATED POSTS