どうも、BLKY(@blky3)です。

PCでテキストを入力するには欠かせないテキストエディタ。そんな無数にも及ぶテキストエディタでもサイトのコーディングなどプログラミング系では「Vim」エディタが僕のお気に入りです。

理由はキーボードのみで完結する独自の操作性。操作性が独特すぎて嫌厭されがちなエディタですが、慣れると素早いコーディングが可能になります。

以前にも「スピードダイヤルの1歩先へ、Quickey – Chrome拡張機能」、「ターミナルからYoutubeの音楽を聴く”mps-youtube”」という記事を書いていていますが、実はキーボードで操作することが好きです。

マウスやトラックパッドを使わないでPCを操作するのって、なんかカッコよくないですか?僕はロマンしか感じません。

話は逸れましたが、今回はブラウジングの操作もVimの様なキーボードを使った操作にしてしまうChromeエクステンションの紹介です。

スポンサーリンク

Vimium

vimium-02

まずはVimiumをChromeにインストール。
下記のURLかChrome ウェブストアで「Vimium」と検索してChromeに追加ボタンからインストールします。

Vimium – Chrome ウェブストア

追加の設定でより便利に

vimium-01

Vimiumの初期自体でもVimライクで良い感じなのですが、追加設定をすることでより便利にすることができます。

ツールバーのVimiumボタンを右クリックしオプションを開きます。

vimium-03

map h goBack
map l goForward
map H previousTab
map L nextTab
map i LinkHints.activateMode
map I LinkHints.activateModeToOpenInNewTab

Custom Key Mappingsに上記のコードを加えます。
簡単に解説すると以下のことを設定しています。

map h goForward
hキーに戻るボタンを割り当て

map l goForward
l(エル)キーに進むボタンを割り当て

map H Previous Tab
H(Shift + h)キーに前タブに移動を割り当て

map L nextTab
L(Shift + l)キーに後タブに移動を割り当て

map i LinkHints.activateMode
iキーにリンクモードの開始を割り当て

map i LinkHints.activateModeToOpenInNewTab
I(Shift + i)キーに新しいタブで開くリンクモードの開始を割り当て

初期設定ではh,lは左右スクロールに割り当てられていて、あまり使わないので上記の様に設定しました。

実際に動かしている様子は以下になります。

j,k – 上下の移動

vimium-updown

jキーで下へスクロール、kキーで上にスクロールします。

h,l – 戻る、進む

vimium-backforward

hキーで前のページに戻り、lキーでページが進みます。

Shift + h, Shift + l – タブ移動

vimium-tab

Shift + hキーで前タブに移動、Shift + lキーで次のタブへ移動します。

i – リンク

vimium-link

iキーを押すとリンクモードに入ります。リンクモードに入ると、リンク部分にキーがアサインされるので、飛びたいリンクのキーを入力でリンク先へ飛ぶことができます。

基本的な操作キーと動作

キー 動作
j 下スクロール
k 上スクロール
h 前ページ
l 次ページ
gg ページトップへ戻る
shift + g 一番下へ
Shift + h 前タブへ移動
Shift + l 次タブへ移動
i リンクモード

まとめ

いかがでしたか?VimiumでかなりVimライクにブラウジングできる様になり、かなり個人的に満足。

普段Vimを使っている人は是非とも導入してもらいたいChrome拡張機能でした。

Vimium – Chrome ウェブストア