2020/3/2

iPhone / iPadでNASやファイルサーバーに接続する方法

iOS

Windows 7がサポート終了に伴い、iPadを購入する人が増えています。iPadが大好きな僕には嬉しい限り。

そんな中よく聞かれるのが、「iPadでもファイルサーバーに接続できるの?」。ということで、今回はiPhone・iPadでNASやファイルサーバーに接続する方法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

純正ファイルアプリを使う

まずはApple純正の「ファイル」アプリを使う方法です。ファイルアプリはiCloud DriveやDropboxやGoogleドライブなどのクラウドストレージのアプリと連携できるようになったりとアップデートを重ね使いやすくなってきています。

iOS 13、iPadOS 13からSMBプロトコルに対応したため、NASなどのファイルサーバーに接続できるようになりました。

‎ファイル
‎ファイル
Developer: Apple
Price: Free

ファイルアプリを開き、ブラウズのオプションメニューから「サーバーへ接続」をタップ

ファイルサーバーのアドレスを入力

ユーザー情報を入力。ゲスト接続できる場合はゲストを選択します。(わからない場合はネットワーク管理者に問い合わせてください)

ユーザー情報を入力し進むと、サーバーへ接続完了

MacのFinderのようにカラム表示できるのは便利

iPadローカルのファイルやiCloud Driveのようにファイルサーバーのファイル操作、通常のアイコン表示やカラム表示などができるようになります。

また、ドラッグ&ドロップなど直感的な操作も可能です。

Documentsを使う <-オススメ

これまでの通り、サードパーティ製のアプリをインストールせずともファイルサーバーに接続することは可能です。しかし、個人的にオススメしているのはReaddleの「Documents」アプリを使うこと。

‎Documents by Readdle
‎Documents by Readdle
Developer: Readdle Inc.
Price: Free+

SMB以外にSFTP / FTP / WebDAVで接続できる

クラウドストレージを含めると10種類の接続方法

純正の「ファイル」ではネットワーク内のサーバーに接続できるのはSMBだけでしたが、Documentsでは4種類の接続方法が選択できます。

  • WebDAV
  • SMB
  • FTP
  • SFTP

例えば、ローカルネットワークに限らず、Webサイトのファイルをアップロード・ダウンロードしたいときにはFTPを使ったり、外からでもファイルサーバーに接続したいときには公開鍵を使ったSFTPなど。

使えるプロトコルが多いことは、利用シーンも増えるのでオススメです。

ダウンロード・アップロードの進捗状況

重たいファイルをファイルサーバーと扱っていると気になるのが、アップロード・ダウンロードの進捗状況です。「ファイル」アプリでは進捗状況が出ないので、動いているのかどうかわかりません。さらに、不具合も多いのか結構失敗することも多々。

その点Documentsではアップロード・ダウンロードの進捗状況がファイル下に表示されるので、動いているのか・失敗していないかが一発でわかります。

あと、単純にファイルよりもDocumentsのが不具合が少ないと思います。

同期機能がある

Documentsには追加したネットワークストレージとの同期機能があります。PCでDropboxなどのクラウドストレージアプリをインストールして、同期するイメージです。

同期機能の何が良いかというと、ネットに繋がっていないオフライン時でもファイルを扱えること。

同期しておけば事前にダウンロードしておく手間も最小で済みますし、オフライン時に変更しても、オンライン時に同期すればネットワークストレージも同じように変更されます。

Documentsでファイルサーバーと接続

オススメする理由を述べたところで、実際の接続方法です。

左側の接続先内の「接続先を追加」をタップ

お好みの接続方法を選択。ここではWindows SMB。

ファイルアプリと同様にサーバーアドレスや接続するユーザー情報を入力します。入力後右上の完了ボタンをタップして準備完了です。

このようにファイルサーバーと接続できるようになりました。また、他に接続先を追加しておくと、サーバー間でもiPadでしたらドラッグ&ドロップでファイルのやりとりが可能です。

次はiPadをPCのように扱う基本のショートカットを紹介

ファイルサーバーとのやりとりができるようになったりと、iPadはますますPCのように使われていくことが増えていきます。

タブレット状態ではできないキーボードを接続した状態で使える「キーボードショートカット」を使うとさらにPCのように。

以下では基本のキーボードショートカットを紹介していますので、是非とも覚えてiPadをより使いこなしていきましょう!

スポンサーリンク

同じタグの記事を読んでみる

RELATED POSTS