2018年の Made by Googleにて発表された新しいChromeOSの搭載されたPixel Slate。見た瞬間から「欲しい!」と思い、「Pixel Slateが気になる!気になる点と懸念点。 | ENHANCE」という記事を書きました。Pixel Slateを買おうと思っていましたが、色々と考えているうちにPixelbookが魅力的に見えポチってしまいました。

発売待たずにPixelbookを購入した理由や、購入先について書いていこうと思います。

スポンサーリンク

Pixelbookをポチった理由

引用: Google Store

なぜPixel Slateを諦めてPixelbookにしたか。ざっくり書くと。

  • Pixel Slateやっぱり高いよね
  • デタッチャブルでなくてもよかった

それぞれもう少し掘り下げていこうと思います。

Pixel Slateの価格が高い

Pixel SlateのUSの価格表

Pixel Slateが気になる!気になる点と懸念点。 | ENHANCE」でも懸念点の1つとして挙げていますが、やはり価格が高い。これが一番の理由。

僕はタブレットとしてだけでなくラップトップPCとして使う想定なので、上記の価格(本体価格)にPixel Slate Keyboard(キーボードカバー )の$199をプラスしなければなりません。

Pixel Slate、Pixelbookの同じi5モデルで比較するとSlateが$1,198(約134,000円)、bookがAmazon.comで$799(約89,000円)。もちろん昨年のモデルということもありCPUの世代など違っていたり、タブレット・クラムシェルなど完全な比較にはならないけれど、約40,000円以上Pixelbookのが安い。

そしてChromeOSはAndroid・Linuxアプリが動くけど、ChromeOS自体触ったことがないので、どこまで使えるかが自分にとって未知数な部分が多い。

けれども興味があるので、ChromeOSは触りたい。なるべく価格を抑えて使えるならPixelbookが良いんじゃ?と。

「いやいや、Pixelbookも十分高い。触るだけなら、もっと安いモデルあるよ」という意見も聞こえてきそうですが、Googleが作っているPixelシリーズが良いんです。デザイン最高にカッコ良いじゃないですか。

そこまでデタッチャブルである必要性がなかった


僕は普段iPad ProとSmartKeyboardを使っています。PCでもSurface Bookを使ったりと、子供が変形ロボに惹かれてしまうように、デタッチャブルな端末は僕の中二心をくすぐります。

とはいえiPadの使い方をふと思い返してみると、デタッチャブルなPixel SlateだけでなくPixelbookでも同じ使い方できると気づきました。

デタッチャブルの魅力はキーボードからディスプレイを取り外せること。けど、僕はその使い方をあまりしていませんでした。もちろんタブレットとしては使っていますが、基本キーボードをつけっぱなし。キーボードが邪魔な時は折り返すようにしています。[tablet mode 

引用: Google Store

Pixelbookは360度折り返せるヒンジなのでiPad・SmartKeyboardと同じような使い心地で使えそう。他にもテントモードなど使えたり、こういうタイプはコンバーチブルって呼ぶんですかね?ということでデタッチャブルである必要ないなぁと。

eBayで購入。価格や届くまでの日数など

引用: Google Store

購入先はアメリカの世界規模で展開されているオークションサイトのeBay。僕は新品にそこまでこだわりがなく少しでも安く購入したかったためと、日本では販売されていなくヤフオクやメルカリなどで出回る数は少ないため。

落札できたのは1週間程度使用した新中古な状態でCore i5 / RAM 8GB / ストレージ 128GBモデルのもの。落札価格は$710、デポジットや送料含めて$798(約89,000円)でした。ちなみにAmazon.comでは記事執筆時点で新品$819、それに送料やデポジットを含めると約$900(約100,000円)。

Pixel Slateが高くてPixelbookに流れている人が多いのか、僕が購入しようとしていた時期と比べて徐々に値上がりしているので、もしかしたらまだあがるかもしれません。

届くまでのおよその日数

  • 10/19 発送
  • 10/23 Global Shipping Center 到着
  • 10/26 FedExに集荷
  • 10/26  Global Shipping Center 出荷
  • 10/31 配達予定

まだPixelbookは手元に届いていないけれど、荷物がFedExに渡って配達予定がわかったところ。アメリカから関東への配達でおよそ2週間かからないくらい。発送元や配送先で日数はかわるけど、参考にどうぞ。

未知数だけど期待も大きい

Pixel SlateではなくPixelbookを購入した経緯や価格などを書いてみました。

繰り返しになってしまうけど、ChromeOSに触ったことがない僕にはPixelbookは未知数。けど期待も大きい。個人的に今使っているブログマシン・お絵かきタブレットとしてのiPadの代替えをできるかも?と思っています。

届くまでまだ時間があるので、次はPixelbookでなにをしたいかを書いてみたいと思います。