これまでコードがあるタイプのUSB-Cハブしか使ったことがなく、先日初めて11インチiPad Pro用に購入したUSB-Cハブでボディにぴったりとくっつくタイプデビューしました。

USB-AやSDカード、オーディオジャックなど主要なポートは全て使え、シームレスで取り回しが良く使いやすいのでお気に入り。

SDカードやUSB、HDMIもこれ1つで。HyperDrive USB-C ハブ for iPad Proをレビュー | ENHANCE

そこで今回改めてPC用にdodocoolのUSB-Cハブを購入しました。MacBookの周辺機器で有名なSatechiのもの悩みましたが、最終的に「USB-Aが3つある・安価」という点でdodocoolに決めました。

Good ポイント

  • コードレスでスタイリッシュ
  • USB-Aが3ポート
  • AC電圧が下がらない
スポンサーリンク

直挿しタイプでスタイリッシュに拡張 dodocool 7-in-1 USB-Cハブ

アルミから削り出されていてスタイリッシュ、真上から見るとMacBookとシームレスにつながっているように見えますが、角度によっては色味が若干違います。とはいえ個人的にはそこまで気にならない程度。

HDMI最大4K@30Hz/ 2K / 1080p
USB-C3.1 / PD対応 / ビデオ出力4K@60Hz
USB-A3.0 x 3
SD / microSD最大512GB

HDMI 、USB-C(PD対応)、USB-A 3.0 x 3 、SD / Micro SDカードの7ポートをこれ一つで拡張。Satechiのものと比べてUSB-Aが1つ多いのでUSB-Aを多く繋げたい人には嬉しい点です。

Thunderbolt 3(USB-C)が2ポートなMacBook Pro Touch Bar無 / Air 2018にも使いやすいかと思います。

ハブ経由でもAC電圧が下がらない

以前購入したQacqocの8-in-1 USB-Cハブ

以前購入した「使い勝手抜群!Egolggo QacQoc 8-in-1 USB-Cハブ GN30E を購入 」ではハブ経由で電源につなぐと電圧が下がり、電力を多く使う高負荷時には充電できなくなることがありました。

今回購入したハブはUSB-Cポートを2つ使うためか、ハブを経由しても電圧が減衰しませんでした。

上の画像は以前レビューしたRavPowerの電源アダプタを使った時のもの。余談ですが、この電源アダプタは次世代のGaN素材を使っていてカードケースくらいのサイズで45Wで充電が可能。非常に薄くコンパクトでポーチに入れてもかさばらないので常に持ち歩いています。

RavPowerのコンパクトな45W USB-C 充電アダプタ

RavPower 小型軽量のPD対応 USB-C充電器【次世代素材GaN】 | ENHANCE

外付けHDDの接続時に難点

ここまではパーフェクトに近いものでしたが、少し難点がありました。

HDMIでモニターに繋いだ状態で、後からバスパワー駆動できる外付けHDDをつないだらモニターが暗転しPCを見失いました。その後5-10秒ほどで復帰。

おそらく外付けHDDの起動時にかかる電圧が大きかったためか、他のポートに電力がいかなくなったからと思います。

今のところ接続するHDDは1台のみですが、複数台接続する場合には強制的に取り出されデータの破損につながってしまうことになるかもしれません。

繋げるHDD類は1台のみ、あるいはPCに接続する前に全て周辺機器を接続しておくなど、使い方に注意が必要です。

購入してから気づいたのですが、公式でもUSB-Aを一度に3つフルで使うのは非推奨のようでした。

公式サイト▶︎Dodocool DC53GY gray color

まとめ

MacBook Pro / Air 2018にシームレスに繋がり取り回しが良く、Apple純正かと思うようなスタイリッシュなデザインのdodocoolのUSB-Cハブ。

外付けHDD類の接続には注意が必要ですが、主要なポートはこれ一つでカバーできるので非常に重宝します。MacBook Pro / Air 2018にオススメです。