2018年のiPad ProでLightning端子からUSB-Cに変更されました。手元のデバイスがUSB-Cを搭載しているものが多いので嬉しい限り。Lightningよりも電力供給量が多いので、ハブ一つでより多くのことができますし。

ですが、これまで購入したUSB-Cハブは本体からケーブルが生えているタイプばかり。

基本的にSmartKeyboardを使ってPCライクに使うので、直挿しタイプが欲しいなぁと思っていたところ良さそうな製品をMakuakeにて発見したので早速支援してみました。

先日商品が届いたので紹介します。

ポイント

  • ミニマルでコンパクトなデザイン
  • SDカードをはじめとした6つのポート
  • 安定感を高めるジョイント
スポンサーリンク

ミニマルでコンパクトなUSB-Cハブ

こちらが今回支援したHyperDriveのUSB-Cハブ。カラーはシルバー / スペースグレイの2色から展開されていて、僕はiPadに合わせてシルバーを注文しました。

アルミから削り出された外観、角丸のカーブの具合など、iPad専用に作られているので非常にマッチしています。ロゴ等の印字も背面になるのでノイズも少なくスッキリ。

サイズは長さ93mm x 幅13.5mm x 厚み9mmとコンパクトで、重さは34gと軽いので、iPadと一緒に持ち歩いても苦にはなりません。

SDカードスロットやオーディオジャック、6つのポートを搭載

iOSの制約により実質2K/60Hzの出力

側面にUSB-C PD対応 、SD / MicroSDスロット、USB 3.0、オーディオジャックを、そして上部にはHDMIポートを搭載しています。

iPadに差し込むとパワーインジケータランプが青く点灯するのがニクい。シルバーに青の配色好きです。

SDカードが使えるのが嬉しい…
40枚のRAWを12秒で読み込み

これまでiPad Pro向けに販売されているUSB-CハブにSDカードスロットがなかったので、写真を多くiPadに取り込む人には非常に嬉しい仕様。

スロットの規格は最大で104MB/秒で読み込めるUHS-Iで、重たいRAWデータもサクサクと読み込めます。

外でもDTMができる!

さらに廃止されたオーディオジャックが搭載されているのも、個人的にお気に入りポイント。

AirPodsなどのワイヤレスイヤホンが普及しているので、音楽を聴くこと自体はそこまで不便ではありませんが、DTM(音楽制作)をする際は別。

演奏しながら録音するには、少しの遅延でも支障がでてくるシビアな世界になります。なのでなるべく遅延を抑えるために有線で接続したいのです。新しいiPad ProでDTMするならハブは必須ですね。

HDMIポートは最大で4K/30Hzで出力可能ですが、iOSの制約で実質2K/60Hzが最大出力。

iMovieでプレビューを外部ディスプレイに出力

ちなみに基本的にiPadでHDMIを繋ぐとiPadの画面がディスプレイにミラーリングされますが、iMovieや写真アプリなど対応したアプリを使うとプレビューだけを大きなディスプレイで確認できて思いの外良い感じ。

ジョイントで安定感アップ

ビスを外せばジョイントは外れる

接続部にある黒い部分はiPadへの装着を安定させるジョイントになっています。iPadを挟み込む形になっているので、ない場合と比較すると全く安定感が違います。

iPad Proのために設計したと謳っているだけあって、もちろんiPad Pro専用キーボードであるSmartKeyboard Folioとの併用可能です。

ちなみにジョイント部を外せばMacBookやAndroidでもUSB-Cを搭載するデバイスで同じようにUSB-Cハブとして活用も可能。USB-Cハブは汎用性高いので好き。

iPadクリエイターには必携

iPadの進化により初代iPadがリリースされた当時では、想像もできなかったことができるようになりました。

さらにHyper Drive 1つでiPadだけではできない可能性を広げます。DTMや写真編集、動画編集などiPadを活用するクリエイターには、 HyperDrive USB-C for iPad Proは必携です。

執筆時点でMakuakeでの掲載は終了しましたが、2019年5月14日までmachi-yaにて支援を募集しています。気になる方は支援してみてはいかがでしょうか?

HyperDrive世界初iPad Pro(2018)専用6in1USB-Cハブ – machi-ya by CAMPFIRE