搭載のデバイスが増え、一般的にも認知されてきたUSB-C。昨年発売されたiPad ProもApple独自のLightning端子から変更されUSB-Cになったり、次世代のiPhoneも変更されるなどの噂があり、より一層USB-C製品に需要が高まってきています。

今回ご紹介するのはUSB-Cの充電器。次世代の素材GaNを使い、これまでの充電器と比べはるかに小型軽量に。USB-C製品を使っている方なら必携かと。

スポンサーリンク

GaNについて

窒素と金属のガリウムでできた半導体結晶。窒化ガリウムやガリウムナイトライドと呼ばれています。

一般的に電源アダプターに使われているシリコンよりもパワー変換効率にすぐれています。

またGaNは電圧をかけても発熱が少なく、一般的なアダプターに組み込まれている放熱回路を省略でき小型化に繋がっています。


RavPower PD対応 GaN 充電器

80mm
高さ 56mm
厚さ 16mm

こちらが今回紹介するRavPowerのGaNを使った充電器。届いてからまず思ったのが「想像以上に薄い」。

表面はプラスチックでできていて、さらにロゴががっつりと入っているので少しチープさを感じるのは否めないところ。

左: iPad Pro付属USB-C電源アダプタ、右: RavPower アダプタ 左: Tenker 60Wアダプタ、右: RavPower アダプタ

11インチiPad Pro付属のアダプタ(18W)、Tenkerアダプタ
(60W) と比較するとこんな感じ。出力の差を考慮してもこの小型っぷりはすごい。​とにかく薄い。

面積はそれなりありますが、薄いことが重要。かさばらないのが良い。

大きい面に対して直角にプラグがあるので、狭い場所でも使えます。こんな風に壁に直挿しでも出っ張らないのでスッキリしています。

小さいと侮ることなかれ。急速充電に対応、PCも充電できます。

11インチ iPad ProやNintendo Switchも充電可能

USB-C PD 3.0に対応していて、最大出力は45W。12インチMacBookを約2時間で充電できてしまいます。もちろんスマホやタブレット、Nintendo Switchにも使えるので、ほとんどのモバイル機をこれ一つでカバーできます。

あらゆるUSB-Cデバイスをこれ一つで

USB-Cの魅力は1つはアダプタをまとめられること。こちらのRavPowerの充電器は小型で軽いので、ポーチにいれてもかさばらないし、​USB-C製品を多く使っている人は必携。

PC周辺機器で人気のAnkerも同じくGaNを使った製品を発表していますので、これからもメーカーがこぞってリリースしてくると思うので楽しみ。