歴代のSurfaceの遺伝子を引き継ぎ、モバイルに特化したSurface Go。実は発売されてから半年以上経っていますが、いまだに気になっています。

気になっていたのは発表時からなのですが、日本では本国ほどの価格のインパクトがなく「iPad Proもっているしなぁ」と結局買わずにいました。

昨年末ぐらいから公式で値下がりし市場価格もこなれてきたので、最近また気になってきたという次第。

そこで今回はSurface Goが欲しい理由とためらっている理由を書いていこうと思います。

created by Rinker
マイクロソフト
¥79,600 (2019/08/25 00:09:13時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
マイクロソフト
¥11,399 (2019/08/24 11:00:14時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク

欲しい理由

まずは欲しい理由から。

11インチiPad Proと同じサイズ感

Microsoft Surface Youtubeより引用

いちばんの理由は、持ち歩き用デバイスとして毎日使っている11インチiPad Proと同じサイズ感だから。

いくつか買い替えながらも初代iPadからこれまでずっとiPadを使ってきました。

iPadのラインナップは今までさまざまな物がリリースされていきましたが、7.9、9.7(10.5、11)、12.9インチの全てのサイズを使ってきてでた結論が、初代iPadのサイズ感(9.7、10.5、11インチ)が自分に合っているということ。

持ち歩きはもちろんバッグにもすっぽり入るし、腰を据えてじっくり作業をしたり、オールマイティーなサイズ感です。

そんなサイズ感を持っているのが10インチのSurface Go。Surface Proから引き継ぎマグネシウムを使った筐体やキックスタンドなどの機能性はそのままにギュッとサイズダウンしています。

クールな印象のあるSurface Proよりも角が丸くなったことにより、コンパクトさも相まって可愛らしくて個人的に好みです。

Windowsであること

Microsoft Surface Youtubeより引用

iPadでブログを書いたり、写真・動画を編集したりと色々なことにモバイルPCとして使っています。

さらにiOS 12のショートカットアプリを使って、「写真を一括リサイズ・リネーム」、「アプリアイコンの取得」、「PDFからJPGに変換する」などiPadだけで結構な作業ができます。

関連記事

iPadのカメラロール、スクショを大量に撮るとカオスに

けどiPadで辛いのはファイル管理やGoogleアプリの使いにくさ、使えないWebアプリがあること。

特にGoogleアプリはひどくて、例えばスプレッドシートで日本語入力の1文字目が英字になってしまったり、キーボードショートカットが使えなく操作性が悪いなど。

そしてメインPCにWindows、スマホにAndroid(最近Galaxy Note9に変えた)を使っていることもあります。以前はMacにiPhoneを使っていたのでAppleのエコシステム内でぬくぬくしていましたが、輪から外れ十分に発揮できなくなりました。

その点Surface GoはフルのWindowsが使えるので、よりスムーズに作業や共有ができます。

それに最近Windows良いのですよね。macOSと比べてわかりにくいところがあるのですが、使っていて楽しい。

ためらっている理由

次はSurface Goを買うのをためらっている理由。

11インチiPad Proで事足りる。

正直11インチiPad Proで事足りるよねとも思っています。実際ここ2年ほどはiPadだけでやってきたし、その間培ってきた知識や環境も整っています。

それに前述したファイル管理なども出来なくはないし、ほとんどの作業は快適にできる。

元々僕自身デバイスを複数台使い分けるのが苦手。今のデスクトップPCとタブレットのiPadは棲み分けが出来ていて、良いバランスで使えています。

これまでの経験上iPadを手放すことはしたくないので、Surface GoとiPadをどう棲み分けるか。「そしたらiPadだけで良いのでは?」となっています。

スペックは足りるのか?使わなくなるのでは?

Surface GoのCPUはIntel Pentium Gold 4415Yという一般的なノートPCが積んでいるCoreシリーズよりも性能の低いもの。

色々なサイトで書かれているのが、動画編集やゲームを動かすには重いけど、一般的なオフィスワークやブラウジングは十分サクサク動くと言われています。

電量販店にある実機を試してみて、「想像以上にサクサクとは動く」と感じました。けどそれは展示品でできる範囲でのこと、実際に使うとなるとどうなのだろう。

iPad ProはMacBook Proに迫るスペックを持っていて、何をするにしてもサクサク。iPadを使う感覚でSurface Goを使うとストレスたまらないか、割り切って使えるか。

自分次第ですが、なかなか踏み切れないところです。

参考記事

まとめ

Microsoft Surface Youtubeより引用

長々と書いていて思ったのが、「僕にはSurface Goは必要ない」こと。本当はガジェットとして興味あるし欲しい。けど去年は物欲のままに色々と買ってしまい失敗が多かったので、今年は研ぎ澄ませて買い物したいので、もう少し悩みたいと思います。

追記 – 大手家電量販店で20%オフに

1/月23日から1月25日までの間にビックカメラで指定のSurfaceシリーズが20%オフに。新しいOffice 2019がバンドルされる2019年版が新しく発売されるとのことで、旧型(物は一緒だけどOfficeが2016)を売りつくすためかと思います。

created by Rinker
マイクロソフト
¥79,600 (2019/08/25 00:09:13時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
マイクロソフト
¥11,399 (2019/08/24 11:00:14時点 Amazon調べ-詳細)