メジャーアップデートしてデザインや機能が刷新されたiPadの人気の手書きノートアプリGood Notes 5。iPad AirやiPad miniのApple Pencil対応に伴い、需要も着実に高まっています。

今回はデジタル機器には必要不可欠なデータのバックアップについて。GoodNotes 5でのノートデータのバックアップや復元の方法を紹介します。

スポンサーリンク

GoodNotes 5のデータをバックアップする方法

GoodNotes 5でノート一覧画面を開きます。右上の歯車ボタンから「設定」をタップ。

続いて設定の「バックデータ」をタップ。

「今すぐバックアップ」でバックアップデータの処理が開始されます。

処理が終わるとiOSの共有メニューが開かれます。ユーザーの好みでDropboxなどのクラウドに保存ができます。ここではファイルアプリでiCloud Driveへ保存します。

「Backup-バックアップ日付」のZIP形式でバックアップされました。

GoodNotes 5の全ノートデータのバックアップが完了です。

GoodNotes 5のデータを復元する方法

次はデータを復元する方法。やり方は二通り。

ノート一覧の新規…の「読み込む」をタップすると、ファイルメニューが開かれるので、そこからバックアップデータを選択すると復元されます。

一度ノートを全削除して、バックアップしたデータを復元している様子

もう一つの方法は「ドラッグ&ドロップ」です。上記の通りバックアップデータをドラッグ&ドロップするだけで自動で復元されるので、個人的にこちらで復元する方法がオススメ。

自動バックアップができるNoteshelf 2もオススメ

GoodNotes 5と人気を二分する手書きノートアプリのNoteshelf 2は自動バックアップの設定も可能。こちらのNoteshelf 2も高機能で書きやすく優秀な万能なノートアプリです。

GoodNotes 5も自動でのバックアップしてくれると良いのですが…。

▶︎【iPad】優秀なノートアプリ Noteshelf 2の紹介と使い方【オススメ】 | ENHANCE