brg-milanese-loop-eyecatch

どうも、BLKY(@blky3)です。

Apple Watch Series 3を購入してから毎日身につけて便利に使っています。

iPhoneを取り出さずとも通知を手首で確認できたり、Suicaなどの電子マネーがサクッと使えて機能性が良いのですが、ファッショウォッチとしても楽しみたいのでApple Watchの交換バンドとして人気のミラネーゼループを購入しました。

とはいってもApple純正のミラネーゼループではなく、Amazonでも高評価なサードパーティのBRGのミラネーゼループ風バンドです。(他のメーカーからも多数でています)

Apple純正のミラネーゼループは結構お高い。Apple Watch自体を奮発して買ってしまったため、交換バンドは妥協して安価なサードパーティのモノで揃えることにしました。

スポンサーリンク

外観

 

brg-milanese-loop

こちらがBRGのミラネーゼループバンドのパッケージ。
とても簡素でこの時点ではかなり不安でした。

brg-milanese-loop-2

取り出してみると意外や意外、質感が結構良い感じ。

brg-milanese-loop-6

右側のマグネットのプレート部分にはビニールテープが貼られていました。

brg-milanese-loop-3

同様に反対のこちら側も。

brg-milanese-loop-5

brg-milanese-loop-4

先端の3本のバーの真ん中がシルバー側がApple Watchの背面と同じ向きになるようにセット

brg-milanese-loop-8

Apple Watchに装着してみるとこんな感じ。

ジョイント部分は光沢感があってステンレススチールケースと合っています。

純正のミラネーゼループは実際に見たことないからかもしれませんが、「これ純正のミラネーゼループだよ」と言われたら信じてしまうほどの完成度。

実際に着けてみた

 

re-brg-milanese-loop-9

re-brg-milanese-loop-10

腕に着けてみるとこんな感じ。

実際に着けて思ったのは、スポーツバンドと違ってマグネットで固定するので無段階の調整が可能なことで、着け外しが楽ということ、締め具合の調節がしやすいこと。

夏場なんかは特にむくみやすいので、締め付けられて腕時計を外したくなってしまいます。

穴タイプのバンドだと穴と穴の間ぐらいがちょうど良い時があるんですよね、なので無段階で調節できるミラネーゼループはかなり良いと思いました。

brg-milanese-loop-11

あとから気づいたのですが、Apple Watchとバンドの付け方が上下で逆みたいです。

ジョイントにバンドがループしている方が自分側(Apple Watchの下側)につけるのが正しいようです。

まとめ

 

今回はApple Watch Series 3用に購入したBRGのミラネーゼループ風バンドを紹介してみました。

僕が実際に純正のミラネーゼループを手にとって見たことがないからか、今回購入したミラネーゼループ風バンドは装着した感じもApple純正のモノに見えるほどの質感でした。着けやすいし、これから常用しちゃいそうです。

純正と比較して価格もかなりお手頃なので気軽に買えてしまうのが良いですね。付属のバンドから次の交換バンドを何買おうか迷っている人にはオススメです。

38mmケース用はこちら

42mmケース用はこちら