2020/4/28

iPhone SE(第2世代)を購入。目新しさはない、けどそれが良い

Mobile

iPhone SE(第2世代)が発売されました。先代のiPhone SEというよりもiPhone 8の後継だったので、期待していた層は肩透かしをくらったかと思いますが、僕は予約して購入しちゃいました。iPadだMacBookだと言っている僕ですが、なんだかんだiPhoneを予約して買うのは初めてかも。

ということで今回は外観やちょっとしたレビューをしたいと思います。感想を先に言ってしまうとiPhone SE(第2世代)は目新しさはないけど、これまでのiPhoneの安定感があって良いなぁと。ムダを削ぎ落とした、これまでのiPhoneの集大成。

スポンサーリンク

iPhone SE(第2世代)の外観とかスペック

iPhone SE(第2世代)ホワイト / 表面

開封はちゃっちゃと、早速本体です。今回購入したのはカラーがホワイトのもの。これまでのモデルと違って、前面が全て黒くなりました。白ベゼルは使っていると気になってくるので、この変更点は良い感じです。

iPhone SE(第2世代)ホワイト / 背面

背面はリンゴマークが真ん中に配置されiPhoneという文字は無くなりました。この辺は昨年に発売されたiPhone 11・11 Proと同じような感じですね。非常にシンプルです。

右側面
左側面

右側面は変わらずロックボタン。反対、左側面はミュート・音量ボタンになります。側面のアルミはマット感あっていいですね。

端子はLightning

端子はもういい加減止めて欲しいLightning、そろそろUSB-Cにして。MacBook・iPad ProはUSB-Cでケーブルが統一されましたが、いまだiPhoneでLightningケーブルがもう一本増えちゃう…。

マスク着用時にはFace IDより利便性が高い

お久しぶりなTouch IDのあるiPhone、かれこれ2年ぶりくらいでしょうか。マスクを着けたままでももちろん、置いた状態でもロック解除できるのは、やっぱり良いです。

このように外観上の目新しさはなく、iPhone 8と同じ仕様になっています。先代のiPhone SEは4インチディスプレイだったので、サイズは大きくはなっていますが、ここ数年ではかなりコンパクトな筐体。一般男性なら十分片手で操作できるサイズです。

iPhone SE(第2世代)のスペック

製品名iPhone SE(第2世代)iPhone 8
チップA13 BionicA11 Bionic
カラーブラック / ホワイト / (PRODUCT) REDシルバー / スペースグレイ / ゴールド
容量64 / 128 / 256GB64GB / 256GB
サイズ67.3 x 138.4 x 7.3mm67.3 x 138.4 x 7.3mm
重量148g148g
ディスプレイ4.7インチ Retina HD4.7インチ Retina HD
解像度1,344 x 750px, 326ppi4.7インチ Retina HD
タッチ触角タッチ3D Touch
耐水・防塵IP67(最大水深1mで最大30分間)IP67
インカメラ7MP f/2.27MP f/2.2
アウトカメラ12MP f/1.812MP f/1.8
その他
カメラ機能
ポートレート/拡張ダイナミックレンジ/
次世代HDR/QuickTakeビデオ/
ステレオ録音
ポートLightningLightning
バッテリービデオを最大13時間ビデオを最大13時間
Apple Pay○(予備電力機能付き)
Wi-FiMIMO対応802.11ax Wi‑Fi 6MIMO対応802.11ac Wi‑Fi
SIMデュアルSIM(nano-SIM, eSIM)nano-SIM

次は中身です。iPhone SE(第2世代)は、ほとんどがiPhone 8と同じ仕様で中身のチップがiPhone 11・ 11 Proと同じに。(コナン君)

チップの性能が向上され、通常の動作はもちろんサクサクと動きますが、一番の恩恵はカメラ使用時。ポートレートモードでの撮影や次世代のHDRなどiPhone 8では使えなかった機能がソフトウェア側で処理できるようになったからです。

さらにトレンドのWi-fi 6や物理SIMとeSIMによるデュアルSIMにも対応しています。

iPhone 8と比較して無くなったものは3D Touchだけ。タッチの押し込む力で操作するやつですね。とはいえ、iPhone 11・11 Proでも無くなって触角タッチ(長押し)になっているので全く問題ないところです。

つまり見た目は同じ、中身はパワフルでモダン仕様に。

ケースはシリコーンケース ホワイトにしました

いつもならレザーケースか裸で使うことが多いのですが、今回は純正のシリコーンケースのホワイトを購入してみました。iPhone SE(第2世代)と同じように背面側のロゴは真ん中に配置されています。

中側はスエード調になっていて、しっかりとiPhone本体を優しく保護してくれそうです。そしてiPhone・Designed by Appleが控えめに刻印されています。

やっぱり純正なだけあって寸分違わぬ作りです。

純正シリコーンケースは初めて使うのですが、安いシリコーンケースに比べてサラッとしていてホコリが取れやすいです。この手触り感めちゃくちゃ気に入りました。

created by Rinker
Apple(アップル)
¥4,180 (2020/10/27 03:16:47時点 Amazon調べ-詳細)

iPhone SE(第2世代)の本体価格

iPhone SE(第2世代)本体価格比較

64GB128GB256GB
Apple49,280円54,780円66,880円
Docomo57,024円62,658円75,240円
au55,270円61,250円75,215円
Softbank57,600円64,080円78,480円

Appleやキャリアでの本体価格を表にまとめてみました。

一見キャリアの本体価格はAppleで直接購入するよりも高いと思いますが、その分各キャリア独自のプログラムでAppleで買うよりも実質的な負担金を抑えることができます。

詳しくみていきましょう。

DocomoのiPhone SE(第2世代)の本体価格

新規・機種変更

iPhone SE64GB128GB256GB
本体価格57,024円62,568円75,240円
分割支払金(36回)1,584円 / 月1,738円 / 月2,090円 / 月
スマホおかえしプログラム利用時負担額38,016円41,712円50,160円

 MNP(のりかえ)

iPhone SE64GB128GB256GB
本体価格57,024円62,568円75,240円
端末購入割引-22,000円-22,000円-22,000円
分割支払金(36回)972円 / 月1,126円 / 月1,478円 / 月
スマホおかえしプログラム利用時負担額23,360円27,056円35,504円

スマホおかえしプログラムとは、36回の分割払いでの購入し、購入翌月から24ヶ月目までにスマホを返却することで最大12ヶ月分の分割金がなくなるオプションのことです。

\ Docomoで予約する /

 auのiPhone SE(第2世代)の本体価格

iPhone SE64GB128GB256GB
本体価格55,270円61,250円75,215円
分割支払金(24回)1,250円 / 月 x 23回 +最終回26,520円1,390円 / 月 x 23回 +最終回29,280円1,705円 / 月 x 23回 +最終回36,000円
かえトクプログラム利用時負担額28,750円31,970円39,215円

かえトクプログラムとは、購入から13ヶ月目〜25ヶ月目までに、auスマートフォンへの買い替えし、かつスマホを返却することで、最終回分の分割代金が不要となる制度。

\ auで予約する /

SoftbankのiPhone SE(第2世代)の本体価格

新規・機種変更

iPhone SE64GB128GB256GB
本体価格57,600円64,080円78,480円
分割支払金(48回)1,200円 / 月1,335円 / 月1,635円 / 月
トクするサポート+利用時負担額28,800円32,040円39,240円

MNP(のりかえ)+ データプランメリハリ + web割

iPhone SE64GB128GB256GB
本体価格57,600円64,080円78,480円
端末購入割引-21,600円-21,600円-21,600円
分割支払金(48回)750円 / 月885円 / 月1,185円 / 月
トクするサポート+利用時負担額18,000円21,240円28,440円

トクするサポートとは48回払いで購入し、25ヶ月目でソフトバンクでの買い替え時にスマホを返却することで最大24回分の分割支払金がなくなるプログラムです。

\ Softbank で予約する /

iPhone SE(第2世代)実質本体価格 比較

64GB128GB256GB
Apple49,280円54,780円66,880円
Docomo23,360円27,056円35,504円
au28,750円31,970円39,215円
Softbank18,000円21,240円28,440円

実質負担金を見ると頭ひとつ分安いSoftbankに目がいってしまいますね。このようにキャリア独自のプログラムを活用することで、iPhoneの本体代金を抑えることができます。

iPhone 11 Pro 1台分でiPhone SE + Apple Watch + AirPodsが買えるコスパ

iPhone SE、AirPods、Apple Watch

iPhone SE(第2世代)は近年のiPhoneの中でトップクラスに安価なiPhone。フラグシップであるiPhone 11 Proの金額でiPhone SE、Apple Watch Series 5、AirPodsが買えちゃうほどです。

またオーディオ体験を向上させたいなら、Apple WatchをSeries 3(19,800円)、AirPods Pro(27,800円)という組み合わせもアリ。

iPhone SE 44,800円iPhone 11 Pro 106,800円
Apple Watch 5 42,800円
AirPods 17,800円
合計 105,400円合計 106,800円

トリプルカメラ、ナイトモード、Face ID、OLED…。フラグシップであるiPhone 11 Proと比較して、チップは同じといえど無いものは多々。ここ数年スマホの価格は平気で10万円を越してきます。

けどiPhone SEは半分以下のお値段。Apple Pay、防水、カメラも十分に使え、必要最低限のものは全て揃っています。またチップはiPhone 11 Proと同じA13 Bionicなので、数年先も快適に動くでしょう。

これほどコストパフォーマンスが高いスマホはないはず。

iPhone SE(第2世代)は、これまでの集大成

最新の機能を追っかけたいガジェット好きには不満がでるモデルかもしれません。確かに目新しい機能や新しいデザインでもありませんが、これまで親しんだ不変的な安定・定番感がiPhone SE(第2世代)にはあります。

マスクが手放せない時期には指紋によるTouch IDは本当に便利ですし、手に収まるコンパクトさもグッド。キャッシュレス決済に嬉しいApple Payや防水・防塵機能もあります。

低価格モデルといえど低価格らしくなく、これまでのiPhoneによって必須になったものが全て詰まっています。

「安くて数年つかえる」、「これまでのように使いたい」そんな人には、全力でオススメできるiPhoneです。

スポンサーリンク

同じタグの記事を読んでみる

RELATED POSTS