どうも、BLKY(@blky3)です。

サブPCに12インチ MacBook 2017を購入してから1ヶ月が経ちました。外に持ち出したり、家でもデスクやダイニングテーブル、ソファで使ったりと場所を選ばず使っています。

メインのPCは2017年5月に自作したWindows PC。詳細はこちらで読んでいただくとして、12インチ MacBookは出先での作業やメインPCの電源を入れるまでもない作業などをしています。

主な使用用途は以下の通り

  • Simplenoteでブログ記事の下書き
  • Lightroomで写真の編集
  • Garageband、Logic Proで音楽制作(主に打ち込み)
  • iPhone 6sとAirDropで画像のやりとり
  • DockerでWordPressテーマの開発
  • Atom(テキストエディタ)でコーディング

この中で重い処理は、Lightroomで写真の編集GaragebandやLogic Proで音楽制作といったところ。

スポンサーリンク

購入したMacBookのスペック

僕が購入したMacBookのスペックは以下の通り。いわゆる梅グレードをベースにRAM(メモリ)を16GBにカスタマイズしました。
理由は前モデルからRAMはデフォルトの8GBでは足りないという意見が多かったためと、CPUは2017年モデルのCore m3でも2016年モデルの最上位のCore m7と同等のスペックであることから。

CPU 1.2 GHz Intel Core m3
RAM(メモリ) 16GB
ストレージ 256GB

総評

まずは良い点とイマイチな点を以下のようにまとめてみました。

良い点

  • 薄くて軽いので持ち歩きには抜群
  • バッテリーが長時間保つ
  • RAM(メモリ)が16GBでマルチタスクには心強い
  • スピーカーが案外良い

イマイチな点

  • ガッツリ重ためのアプリを使うとモッサリする
  • 発熱するとかなり熱くなる
  • USB-Cポートが1つ

モバイル機として最高!薄くて軽くてバッテリーが保つ

MacBook Airを凌駕してしまっているMacBookの薄さと軽さ。
この薄さと軽さは持ち歩くのにかなりハードルが下がります。持ち上げる際まるでタブレットをつかんでしまったかな?と思うほど。

バッテリーは公称だとブラウジングで最大10時間使うことができると言われています。僕が実際にテキスト作業やブラウジングなどで使ったバッテリーライフは約8−9時間

さらにモバイルバッテリーでも充電できるから嬉しいところ。最近ではUSB PowerDelivery(最大100W)に対応したモバイルバッテリーがあるので高速に充電できます。周辺機器で有名なAnkerの「Anker PowerCore Speed 20000 PD」がオススメ。

RAMが16GBあってマルチタスク時には余裕がある

2017年モデルからRAM(メモリ)をデフォルトの8GBから16GBにカスタマイズできるようになりました。

前モデルからRAM不足を言われていたので迷わず16GBにカスタマイズ。実際メインブラウザにメモリを馬鹿食いするChromeを使っていたり、ブログ執筆中に別の作業も並行してするのでマルチタスキングする際には、やっぱりデフォルトの8GBでは足りない。16GBあるとかなり余裕があるので作業もスムーズになりストレスがなくなるかと。

CPUよりもRAM(メモリ)を優先してカスタマイズすべし!

重たい作業をする人にはCore m3は厳しい

最下位のCPU Core m3ですが想像以上にサクサクと軽快に動くので、「メインでもいけるのでは?」と思ったのですが、やっぱりLogic ProやLightroomでガッツリ作業をするとキツイ。CPUを上位のCore i7へカスタマイズするといけるかもしれません。

例えばLogic Proでエフェクトをかけたりしなければ10トラックほど作っても問題なく動きます。リバーブやビジュアルEQなどを使うとたちまちに「システムのオーバーロード」警告がでてしまい、如何にもこうにもできなくなります。

動画編集もそれなりには編集できるけど、やっぱりエンコードはかなり時間がかかってしまうので実用的ではないかもしれません。

さらに発熱すると心配になるほど熱くなります。ファンレスで静かなのはいいのですが、負荷をかけるとたちまちに熱くなるのでKickflipなど放熱対策が必要です。

USB-Cポート1つでも足りるけど不便

2015年にMacBookがリニューアルされてから早3代目、それからUSB-Cポートが1つのままです。サブPCとして使っているので、基本モニタなどには接続をして使ってはいないのでポート1つでも足りるは足りるというところ。

基本的にUSB-Cハブは1つは持っていたいところです。以前に購入したdodocoolの7-in-1 USB-Cハブは安価だけど必要十分なポートが揃っているのでオススメ。

まとめ

薄くて軽い12インチ MacBook 2017を1ヶ月使ってのレビューでした。2016年モデルのMacBookを持っている人は買い替えの必要はないかと思います。けれども2015年モデルとでは、かなり性能差があると思うので買い替えを検討してもいいかもしれません。

薄くて軽いのでどこにでも持ち歩けてかなり便利!やはりmacOSを搭載しているのが大きい。iPad Pro 9.7インチも大好きだけど、使い分けてモバイルPCたちを楽しみたいと思います。