どうも、BLKY([@blky3)です。

前から気になっていたDELLのXPS 13。この度デルアンバサダーで1ヶ月モニターさせていただくことになりました。
届いてから数時間使ってみたので、ファーストインプレッションとNew XPS 13の紹介をしたいと思います。

XPS 13 | XPS – Dell Japan

スポンサーリンク

New XPS 13について

画像引用: DELL

New XPS 13はDELLがリリースしているXPSシリーズのクラムシェルノートPCです。特徴は世界最小の13インチで、極狭ベゼルのディスプレイがとてもスタイリッシュ。今回モニターさせていただくスペックをまとめると以下のお通り。

名称 New XPS 13
CPU Core i7-8550U  クアッドコア 1.8GHz
メモリ 16GB
ストレージ 1TB PCle NVMe SSD
グラフィックス Intel Graphics 620
ディスプレイ 13.3インチ 3840 x 2160 (4K Ultra HD) タッチディスプレイ
バッテリー 最大19時間46分(FHDディスプレイモデル)
外部インターフェース MicroSD / USB-C 3.1 x 1 / Thunderbolt 3 x 2 / ヘッドフォンジャック
WIndows Hello ○(赤外線カメラ / 指紋認証)
サイズ W302 x H7.8~11.6 x D199 mm
重量 1.21kg
カラー プラチナシルバー&ブラック

かなりそそるスペックですね。Intelの第8世代のCPUを搭載していて、モバイル用ながらもクアッドコアでかなりパワフルな仕様となっています。

こちらがDELL New XPS 13。DELLのロゴのみ刻印されたアルミの天板が輝いています。正直にいうと僕の中でDELLは結構ダサいイメージをもっていたのですが、化粧箱からかなりスタイリッシュでカッコいい。

MacBookシリーズと違い、滑り止めは横に2本敷かれています。こちらの底面もアルミ削り出し。

インターフェース

右側サイド。左からスピーカー、microSDカードスロット、USB-C 3.1、イヤホンジャック

左側。Nobleロックスロット、Thunderbolt3 x 2、バッテリーゲージ、スピーカー

両サイドのインターフェースの上画像の通り。最近のMacBookのようにUSBはUSB-Cで統一されています、MacBookからの乗り換えでもハブなどをそのまま使えます。

地味に便利なのがバッテリーゲージです。丸いボタンをぽちっと押すとをインジケータが5段階でバッテリー残量を点灯します。一々PCを開かずにバッテリー残量をチェックできるの便利です。

SDカードスロットも搭載されていますが規格がmicroSDになっているので、カメラからの写真の読み込みにはハブが必要になってしまいます。僕はカメラにはmicroSDカードをSDカード変換アダプタを使っているのでよいのですが、どうせならSDカードスロットを搭載してほしかったところ。

 

充電アダプター

充電アダプター(45W)とプラグ

充電アダプターとApple 12W充電アダプタ

充電にはThunderbolt 3から行います。充電アダプタはかなり小型で軽量です。試しにiPad用の充電アダプタと比較してみました。かなり小型です。

アダプタが小型で嬉しいのですが、プラグケーブルが結構太くてかさばります。

充電中だとこのようにUSB-Cケーブル、本体下のタッチパッド付近が光ります。

僕は夜間では間接照明のみでPC作業をすることが多いのですが、充電中のタッチパッド付近の光が気になりました。

ディスプレイ

モニターは圧巻の極狭ベゼル。13.5インチながら11インチクラスのフレームに収まっています。
視覚ノイズが少ないので没入感がかなり高い。

解像度は 3840 x 2160 (4K Ultra HD)なのでドットが全く見えません。発色も良く、視野角による色差もないので見やすいモニターだなと感じました。

さらにタッチディスプレイなので、直接手でタッチしてPCを操作することができます。普段iPad ProにSmartKeyboardをつけてノートPCスタイルで使うことが多いのですが、ふとしたときにタッチして操作できるのは結構便利。

キーボード

JISキーボード

パームレストはカーボンファイバー素材

バックライトは3段階で調整

キーボードは個人的にエンターキーと矢印キーが小さく感じましたが、打鍵感もしっかりあり、心地よく打ちこめます。

パームレスト部分はカーボンファイバーで作られていて、しっとりしているけどサラッとしていて気持ちがいい感触。冬場ではMacBookは使い始めはヒヤッと冷たいですが、New XPS 13は冷えた朝でも心地よく使えそうです。

セキュリティ

赤外線カメラ

電源ボタン兼指紋センサー

すっかり浸透した顔認証によるログイン(Windows Hello)が可能です。ディスプレイ下にある赤外線カメラで認証します。使ってみましたが、認識率も高いのでディスプレイをみるだけでアンロックできるのは相当便利ですね。

スマホではおなじみの指紋認証によるログインも可能です。電源ボタンに指紋センサーが組み込まれているのでセットアップすれば指をポンと置くだけでログインできてしまいます。こちらも認識率が高いと感じました。

スタイリッシュな筐体が所有欲を満たす

薄くて軽く、そして11インチクラスの筐体に13.3インチのディスプレイをもつNew XPS 13。想像以上に洗練されていてファーストインプレッションは上々。New XPS 13で何をしようかと考えるだけでもワクワクするPCです。

これから1か月みっちりと使い込んでレポートしたいと思います。

XPS 13 | XPS – Dell Japan