「あれ、iPhoneでカーソル移動が出来ない」

先日スマホをiPhone XRに買い換えて使い始めた時の妻の一言。聞いてみるとソフトウェアキーボードを押し込んでもカーソル移動ができないとのことでした。

そう、iPhone XRでは3D Touchは廃止されています。

3D Touchとは操作で単なるタップではなく、タップしてさらに押し込むことでより多くの操作をするもの。

iPhone XSやXS Maxには3D Touchは搭載されていますが、iPhone XRには未搭載なんです。

「そしたらテキスト上を長押しで移動しなきゃならないの?」

そこは流石のApple、回避策考えていました。

スポンサーリンク

iPhone XRで楽にカーソル移動する方法

まずは実際にカーソル移動している様子です。こんな感じでスルスルと楽に、かつ正確に移動できます。

iPhone XRでは3D Touchが未搭載なのでフリックになってしまう。

これまで通りiPhone XRでキーボード上を押し込んでも、3D Touchが未搭載のためフリックにしかなりません。

空白 or spaceを長押し

iOSの機能の一つで3D Touchに代わる「Haptic Touch(ハプティックタッチ)」を使います。

Haptic Touchとは長押しのことですが、ブルっと触覚フィードバックがあり実際には押し込んだ力は感知していませんが、あたかも押し込んだように思わせてくれます。

実際のカーソル移動ですが、キーボードの「空白」あるいは「space」を長押しすることでカーソル移動モードに変わります。

ディスプレイ全体がトラックパッドのように

カーソル移動モードになると、キーボードの印字がなくなります。指を離さずにディスプレイ上を動かすとカーソルを自由に動かせます。

iPhone XRだけでなく、もちろんiPhone XS / XS Maxでも同様に「空白カーソル移動」が可能です。

実際に使ってみて3D Touchよりも操作性が良いので失敗も少ないと感じました。妻も言っていましたが「3D Touchの加減って結構難しい」。3D Touch搭載したiPhoneでも、こちらで操作した方が良いでしょう。