デスクが上品にまとまるMIWAX デスクマット。物撮りの背景にも使えてコスパ高い

デスクが上品にまとまるMIWAX デスクマット。物撮りの背景にも使えてコスパ高い

「デスクにアクセントが欲しい」

ブログを書いたり、DTMしたり、ゲームしたりと何かと長い時間をPCデスクで過ごすことが多く、ふとこんな事を思いました。

そこで思いついたのがデスクマットを敷くこと。Pinterestでデスクツアーを見るのが好きなのですが、デスクマットを敷いている環境をよく見かけるんですよね。

ということで今回は新たにMIWAX THE DESK MATを導入したので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

MIWAX 「THE DESK MAT」 12色から選べるPVCレザー

今回紹介するデスクマットを製造しているのが株式会社ミワックス。原材料の加工・仕上げを一貫して国内で手がける文具事務用品メーカーです。1946年創業で日本で初めて透明ビニール製デスクマット・カッティングマット・ゴム製麻雀マット等を商品開発した老舗中の老舗。

その長年のノウハウを活かしたカッティングマット専門のブランドがMIWAXになります。

こちらがデスクマットのパッケージ、今風な雰囲気で高まります。内容物はデスクマットとずれ防止シートです。

カラーはシーガルブラックを選びました

仕様は620x300mmで厚みは0.9mmでPVCレザー(合皮)製。デスクマットとしては薄手のものになり捺印には不向きですが、ボールペンなどの筆記では書きやすい。

こちらのデスクマットは12色展開していて、僕が選んだのはシーガルブラック。真っ黒という感じより少しグレー寄りの黒という感じ。落ち着いていて好みの色です。

裏面はサラッとしてる
ずれ防止シートは洗えば何回でも使える

裏面はサラサラとした仕上げで、そのまま敷くと滑ってズレるので付属のずれ防止シートを使ってみる。シートは糊でなく吸着シートになっているので、洗えば何回も使えるようになっています。

11インチ iPad Pro、Apple Pencilと

実際にキーボードやiPadなど置いてみるとこんな感じ。デスクマットがあると締まって見えて一段上品さがでた気がします。

物撮りにも使える

XBOX One コントローラーも映える
iPadも映える
緑も映える

高級感ある見た目なので物撮りの背景としても使えるとのことなので、デスク周りの小物を使って撮影してみました。

手前味噌ですが中々良い感じに撮れたのではないですかね?普段はデスクやテーブル、白い背景紙を使って撮影していますが、こういったレザーで撮るのも味がありガジェットも映えるので良い感じ。

カスタムオーダーメイドが可能

公式サイトでカスタムオーダメイドが可能

大きいデスクやDIYしたデスクを使っているなど、デスクマットのサイズにもこだわりたいならカスタムオーダーメイドするのがオススメ。

幅や長さはもちろんのこと、角のR具合や自由な形にもできるようです。

テンキー付きのキーボードとマウスを一緒に置くと少し幅が足りないなと思ったので、後々オーダーメイドで注文してみようかと思っています。

▶︎ MIWAX オーダーメイドシステム

マウスの滑りが悪くなる

MX Master 3とMIWAX デスクマット

こちらのデスクマット上ではマウスの反応自体は変わりありませんが、滑りが悪くなぁという印象。

滑りが悪くなるとFPSなどのゲームをやる人には全く向かないので、別途ゲーミング用のマウスパッドなどを用意したほうが良いかも。

ちなみに僕はカーソルの軌道の速さを高く設定して対処していますが、1日2日ほどで慣れてきました。あと、トラックボールやトラックパッドなどの、それ自身を動かさない操作デバイスを使うのも良いかも。

スポンサーリンク

デスクを保護しつつオシャレにまとめる

MIWAX THE DESK MATの紹介でした。僕が購入した経緯は「デスク上が映えるから」という理由。思惑通りデスクマットを敷いたことでワークスペースのような雰囲気になったので大満足です。その他にもデスクを傷から守ったり、ボールペンで書き物をするのも良い感じです。

2,000円ぐらいと手を出しやすい価格で、多色展開、さらにパッケージの筒に入れておけば収納も気になりませんので、気分に合わせて敷き変えても良さそうです。気になる方はぜひチェックしてみてください。

同じタグの記事を読んでみる

RELATED POSTS

EDITED BY

バルキー

ガジェットの紹介・使いこなしのヒントを紹介しています。お問い合わせはお問い合わせフォームかTwitterのDMへ