どうも、BLKY(blky)です。

テキスト入力をしていると「ここの文をあそこの上に移したいな」とかよくありませんか?ハードウェアキーボードを使えば簡単にできるのですが、ソフトウェアキーボードのiPhone・iPadの場合は「画面をタップして、選択して、切り取りして、移動したい場所にカーソルあわして….」と面倒に思っていました。

iOS 11からテキストの切り貼りが少しだけ楽になりました。それはテキストに「ドラッグ&ドロップ」が使えるようになったこと。

スポンサーリンク

テキストをドラッグ&ドロップ

テキストをドラッグドロップしている様子

こんな感じでテキストをドラッグ&ドロップができます。早速やり方を説明していきましょう。

Iphone drag and drop

ドラッグしたいテキストを選択

Iphone drag and drop 02

選択部分を長タップすると、枠で囲まれドラッグができます。画面をタップし続けて、お好きな場所に持っていくとドロップができます。

Iphone drag and drop 03

選択できれば文章でなくても、単語などもドラッグ&ドロップが可能です。

iPadではアプリ間も可能

Ipad drag and drop text

iPadはiPhoneと比べてマルチタスキングが強化されているので、アプリ間でのテキストドラッグ&ドロップができます。

iPadだったら外部キーボードを繋いで、キーボードショートカットでカット&ペーストした方が速いとは思いますが。

iPhoneでPDFファイルをJPEGにしてみる

同じくiPhoneを活用したTIPSを紹介しています。
僕もありますがPDFファイルをJPEGにしたい時ありませんか?iPhoneでも簡単に変換することが出来ます、こちらからどうぞ。

iPhone,iPadでPDFからJPEGなどの画像ファイルに変換する方法