Apple Watchをメタル G-SHOCK風にカスタマイズ!ケース一体型バンド

Apple Watchをメタル G-SHOCK風にカスタマイズ!ケース一体型バンド

普段Apple Watchを好んで使っています。時計としてはもちろん、iPhoneの通知を確認したり、Apple Payでお財布として、健康管理やワークアウトなど、僕の生活に馴染みすぎて手放せないものになってしまいました。

Apple Watchのデザインもスタイリッシュで好きなのですが、たまには男性らしい無骨な時計もしてみたいなと思いますが、いかんせん他の時計をつけるのは不便になってしまうのは目に見えています。

そんなところ、Apple WatchがメタルなG-SHOCK風になるケース一体型バンドを見つけたので、早速購入しちゃいました。

付け替えが簡単でApple Wathcを一瞬で無骨な時計に変身しちゃうので、Apple Watchのデザインに飽きてきたなーって方にオススメです。

スポンサーリンク

amband Moving Fortress – Classic series

購入したのはこちらのambandというメーカーの「Moving Fortress – Classic Series(ムービング フォートレス クラシックシリーズ)」という商品。

ステンレスで縁取られたケースと、ウレタン樹脂のバンドが一体となっています。Apple Watchのバンドとケースが一体になっているものって珍しいですよね。

無骨な存在感のあるステンレスケース

機械チックな盤面がメタルフレームと相まって良い

早速Apple Watchを装着していきます。裏面のDigital Crown側から入れて、グッと力をこめれば簡単に装着が完了。キツくも緩くもなくパチっとハマります。

ステンレスのメタルフレームは良い質感。天面側は削り放し加工で、側面は光沢感のある加工。違う加工のコントラストが良い感じです。上部には「 PROTECTION」と刻印があり、なんだか見覚えのある雰囲気(G-SHOCK感)。

バンドの穴は細かく抜かれているので、手首に合わせて調節がしやすいです。特に夏場なんかは、むくんでバンドの穴を調節を頻繁にするので嬉しいポイントです。

ちなみに筆者は手首のサイズが15.5cmで、こちらのバンドではMAXまで締めてちょうどいいほどでした。

日常生活や、ちょっと汗のかく行動をしてみて一日中着用してみました。特に肌荒れも起こることはないので、着け心地は文句なしで良いと思います。

画面側のDigital Crownとは逆側を押し込めば、簡単に取り外すことができます。その日の気分でバンドを付け替えたいので、この手軽さは魅力的。

操作性は問題なし

Apple Watchをすっぽりとケースに収めてしまうので、操作性が気になるところかと思います。

側面はDigital Crown(デジタルクラウン)やスピーカー・通気孔の穴に合わせられ切り抜かれていています。上側はDigital Crownの側面が露出しているので、こちらから操作するのですが案の定回しにくくなりました。出来なくはないけど、しにくいなといったところ。

サイドボタンはシリコンで覆われていますが、ボタンに合わせて突起していて押し込みにくさは感じません。むしろ装着前より押しやすい。

ケースのフレームが画面よりも高さがあるので操作しにくいかと懸念していましたが、通知センターやコントロールセンターは画面中央からスワイプをし始めても反応するので、画面のスワイプ操作がしにくくなるといったこともありません。

スポンサーリンク

Apple Watchを無骨なG-SHOCK風にしたい方にオススメ

iPhoneやMacとの連携はもちろん、バンドの豊富さと付け替えの容易さでガラリと雰囲気を変えて楽しめるのもApple Watchの醍醐味。無骨な存在感のあるApple Watchにしたいという方には、amband Moving Fortress – Classic series がオススメです。

同じタグの記事を読んでみる

RELATED POSTS

EDITED BY

バルキー

ガジェットの紹介・使いこなしのヒントを紹介しています。お問い合わせはお問い合わせフォームかTwitterのDMへ