どうも、BLKY(@blky3)です。

普段PCに使っているキーボードが日本語配列ではなくUS配列のキーボードを使っています。元々は日本語配列を使っていたのですが、WindowsからMacに乗り換えた際に一緒にUS配列に変えたのがきっかけ。

US配列へは割とスムーズに乗り換えることができ、シンプルな外観・プログラミング時の打ちやすさに満足し、Macを買い替える度にUS配列を選んでいました。

しかし最近Windowsに乗り換え色々と問題がでてきたので、ちょっとした悩みがあるのです。

スポンサーリンク

US配列キーボードのメリット

まずはUS配列のメリットを簡単に書いていこうと思います。

keyboard-us-jis-1.jpg

US配列(Mac)のキーボード

keyboard-us-jis-2.jpg

日本語配列のキーボード

見た目がシンプル

US配列は「かな文字」が印字されておらず、キートップの見た目がとてもシンプルです。
その余計な文字がないシンプルさが好きで、US配列を使っている点もあります。

僕はローマ字入力なので、かな印字は不要なのです。

記号の配置が直感的

基本的な英字の配列は一緒なんですが、「記号部分・半角/全角・変換」等の配置が全然違いますね。(厳密にはMac用とWindows用なのでWinキー/Commandなど色々と違うのですが…)

例えば日本語配列ではー(ハイフン)は=(イコール)と同じキーUS配列ではー(ハイフン)は_(アンダーバー)と同じキー上に配置されています。

US配列では:(コロン)は;(セミコロン)と、’(シングルクォート)は”(ダブルクォート)と配置されていて、なんだか直感的に打てるような気がしませんか?僕は実際にUS配列にしてから記号が打ちやすく感じました。

US配列を使っている僕の最近の悩み

keyboard-us-jis-3.jpg

冒頭で「Windowsに乗り換え色々と問題がでてきた」と書いていますが、僕が使っている上でWindows + US配列の組み合わせ自体には全く問題はありません。

じゃあ何が問題のなのか、それは「デバイスの選択が狭まる」ということ。
先日「2018年欲しいガジェット | zak zak zak」という記事内でSurface Proが欲しいと書いていますが、必須アクセサリのタイプカバー(キーボード)がUS配列だと1世代前のSurface Pro 4向けのものしか販売されていません。(しかもブラックのみ、新型のSurface Proと互換性はあるみたいだけれど)

他にも同じSurfaceシリーズの「SurfaceBook 2・Surface laptop」など日本では日本語配列のみの販売なのです。

AppleのMac以外にもDELLやLenovoなどUS配列を選べるメーカーはありますが、それでもやはり少数派。

輸入すればいいのでは?

今の時代、割と簡単に輸入できてしまいます。
しかし、購入店が海外なので万が一トラブルがあった場合にサポートを受けるのは相当難しいと思います。

ネットで見つけた「Surface Book を使って 2 ヵ月が経った | grabacr.nét」という記事。海外でSurface Bookを購入したものの不具合がでてMicrosoftに問い合わせたところ、日本で販売されているモデルではないため購入した国でしかサポートがされなかったみたいです。

という風に安いPCならまだしもSurfaceなどの大きい買い物は恐ろしくて安易に輸入して使うということはできませんよね。

まとめ

中古を探してもUS配列のものは出回る数が圧倒的に少ないので、希少価値がありリセールバリューが高いということもありますが、その分中古を手に入れることも難しいです。

Macを使っているうちは全く気にならなかった(Mac以外使おうとは思っていなかった)ので今後どうしようか悩んでいる状況。

今更日本語配列に戻すのもなぁ。