ペーパーライクフィルムの画質が気になるなら書く時だけでいい!iPad用着脱式ペーパーライクフィルム

ペーパーライクフィルムの画質が気になるなら書く時だけでいい!iPad用着脱式ペーパーライクフィルム

最近新しくiPadを買い替えました。

買い替え前とその前のiPadぐらいから、ペーパーライクフィルムを貼って使っていました。というのも絵を描くのが趣味で、素のディスプレイではApple Pencilがツルツルと滑ったりして描きにくい、指紋も目立ちにくいということで愛用。

今回iPadを買い替えたのを機にフィルムを今まで気になっていた着脱式のペーパーライクフィルムにしてみました。ペンを使うときにフィルムを取り付け、動画や写真を見るときには取り外し出来iPadの良さを損なわないので最高でした!

スポンサーリンク

YMYWorld 着脱式 ペーパーライクフィルム

購入したのはYMYWorldの着脱式ペーパーライクフィルム です。着脱式のペーパーライクフィルムはエレコムなど色々なメーカーがだしていてましたが、YMYWorldを購入したきっかけは2021年のプライムデーでセールだったため。

付属品はこちら取説と案内とクリーナーセット。

こちらがペーパーライクフィルムの本体で、下敷きに直接貼られています。着脱式なので取り外した際はこちらの下敷きに貼り付けて保管するようになっています。

縁の黒いところが吸着部になっていて、ちょうどiPadのベゼルですね。そして内側の表示部分は吸着しないように加工されています。

下敷きを反らせてフィルムを浮かせて取り外します。

実際に貼ってみるとこんな感じ。内側は吸着になっていませんが、特にフィルムの浮きは感じません。けどiPadピッタリに作られているので貼るのは少し難しい。

縁だけが吸着部分になっていますが、しっかりと貼られていて使っているうちにズレてくるということはありません。端を爪で引っ掛けても取れないほど。少し剥がしづらいのが難点かも。角度を変えてズレにくいと考えればいいのかな?

剥がす際はベゼルより内側に掛かるように、テープをつけて内側からフィルムを浮かせるようにする引っ張ると剥がせます。

着脱式ペーパーライクフィルムの書き味

YMMWorldの着脱式ペーパーライクフィルムの書き味は、従来のペーパーライクフィルムと遜色ない書き心地。紙に書いているかのような適度な摩擦感、ペン先を当てるとフィルムがクッションになり返ってくる衝撃が和らぎます。以前使っていたものより、しっとりとした感触があります。

従来のペーパーライクフィルムよりも表面のざらつきが少なめに感じ、まだ1−2週間ほどしか使っていませんがApple Pencilのペン先の摩耗も少ないかなと思います。

ベゼル部分は内側よりも吸着加工があるためか、内側よりも若干盛り上がっています。ですが、ベゼルとの境界もしっかり検知してくれます。

ペーパーライクフィルムを貼ったときの画質

画質の比較のためフィルムをiPadの半分だけに覆ってみました。ペーパーライクの加工しているため、やはり未装着のときと比べて滲むような見え方になってしまいます。

iPadは光沢のあるグレアなディスプレイですが、反射防止コーティングがされていて光があたっていても見えやすいです。こちらのペーパーライクフィルムの貼付け時は、光が当たると白けて見えにくく、特に視野角が狭くなり斜めからだと見づらい。

比較してしまうと気になってしまいますが、未装着時よりも輝度を高めに設定してしまえば普通に使う分には気にならないかなとも思いました。

スポンサーリンク

iPadを適材適所で輝かせる

絵を描いたり、ノートをとったりと、今ではiPadには欠かせないアクセサリであるApple Pencil。だけどiPadのそのままのディスプレイではペン先が滑るので、ペーパーライクフィルムは非常に有用です。また、iPadの大きくて綺麗な画面で写真や動画を楽しみたい時は、 少し剥がしづらいけど別途保管しておけるので、着脱式は「Apple Pencilを快適に使いたい!けど動画や写真も綺麗に楽しみたい!」そんなニーズに応える製品でした。

同じタグの記事を読んでみる

RELATED POSTS

EDITED BY

バルキー

ガジェットの紹介・使いこなしのヒントを紹介しています。お問い合わせはお問い合わせフォームかTwitterのDMへ