新しくiPhoneやiPadをセットアップして、今まで使っていたアプリがApp Storeにない…って事ありませんか?

今回はApp Storeからなくなってしまったアプリを再ダウンロードする方法を紹介します。

スポンサーリンク

iOSのApp Storeから無くなったアプリを再ダウンロードする方法

AppStoreを開き、検索以外のタブを開き右上のアイコンをタップ。次に、購入済みを開き、自分が購入したAppをタップします。

ダウンロードボタンがグレーアウトしているのはダウンロードできず

開くと過去に購入したアプリの一覧が表示されるので、ここから目的のアプリをダウンロードします。

上記の画像右側のように、ダウンロードアイコンがグレーになっているとダウンロードできません。

※App Storeから無くなっているので、お使いのiPhone/iPadでは正常に動かない場合があります。

実際に再ダウンロードしてみた

いつの間にか配信されていなかった

実際に今では配信されていない「Infinity Blade」をインストールしてみます。iPhoneのCMにも使われていたりと人気のアクションゲームでした。

先述の通り進めます。2009年からiPhoneを使っているので、ダウンロードしたアプリ数がとんでもない数で探すには一苦労。この場合は検索した方が早いですね。

お目当のInfinity Bladeが検索されました。ダウンロードボタンがグレーではなかったのでダウンロードできます。上記のように最新のiOS 12のiPhone XRにダウンロードできました。

懐かしい…

Infinity Bladeをタップしてみると…起動できました!iPhone XRのディスプレイサイズ・Retinaに対応しておらず、黒帯ができたり、画面が粗いですが動きました。

実際に動くかは再ダウンロードして起動してみないとわかりませんが、過去のアプリもなんとか動かせます。

一度ダウンロードしていたことが条件になりますが、配信されていないアプリを使いたいときに是非ためしてみてください。